シングルマザーにも使える自治体のパーティー

市役所も婚活に乗り出した!自治体の婚活パーティーは中高年に使えるか?

中高年の非正規雇用者が使える婚活の場としてに共済が運営しているものがある。

 

都道府県民共済は、全国生協連が運営する保障組合である。企業保険会社と違い非営利組織であり、低額の保障プランや迅速な共済金支払など市民の生活に寄り添った保障サービスを行っている。

 

そんな保障組合が、結婚相談所を提供していることをご存じだろうか。

 

 

運営しているのは神奈川県民共済で、施設名は「グリーンファミリー」だ。他の自治体共済団体を見ても、結婚相談所サービスを設けているのは現在神奈川県のみとなっている。

 

 

特徴としては、県民共済に加入している未婚の男女であれば登録可能という所だ。グリーンファミリーへの登録が先になっても、共済加入手続きを行えば問題ない。

 

登録料は5万円となっており、民間の結婚相談所と比べると比較的安価である。

 

但し、男性については条件がある。
それは定職若しくは定職に準ずる安定した収入の有無である。この条件をクリアしていれば年齢関係なく登録は可能だ。
登録後は自己紹介のビデオを撮影し、そのビデオを元に出会いたい相手を見つけることになる。

 

 

 

このように民間の結婚相談所とほぼ同じサービスが、安い登録料で利用できるのである。婚活中の神奈川県民にとっては朗報と言えよう。

 

さて結婚相談所といえば出会いのための様々なイベントが開催される。例えば料婚婚活などが代表的。

 

これらのイベントに関しても、グリーンファミリーは他社に決して引けを取らない。
神奈川県と言えば横浜をはじめ、おしゃれな景色が多い。

 

その様な場所を利用して一般的なパーティーや、みなとみらいの花火大会を楽しむサマーパーティーなど季節行事に合わせた催しもある。

 

またシングルマザー・ファザーを対象とした子供も一緒に参加できる婚活パーティーもある。

 

子供も参加できる婚活パーティーはほとんど例がなく、共済団体ならではと言っても過言ではない。県民共済加入者同士のパーティーなので、安心しながら参加できるのも魅力の一つである。

 

実際婚活グリーンファミリーは非常に好評で、結婚したカップルも多い。今後他の都道府県民共済団体でも運営開始される可能性がある。

オススメ婚活全一覧徹底比較