50代の婚活方法と思考法

50代に突入して婚活を成功させるための相談所の選び方とは?

30代、40代の婚活に比べ、50代の婚活方法はやり方が全く違うのはご存じだろうか?市場の方向性において大きな転換を迎えていることを認識しているだろうか? 

 

婚活と言うのは自分のをいかにPRできる場所をもっているか、つまり、どこにどのくらい投資したかでリターンが決まることが多い。

 

40代までならば、結婚相談所であれ、お見合いパーティーであれ投資分のリターンは得られるものの、50代の場合はそもそも市場自体が自分たちの方向を向いて作られていない事が多い

 

50代,シニア,婚活,始め方,選び方

 

多くの50代が大手の婚活サイトを利用しても失敗してしまう理由とは?

50代におすすめの婚活方法とはなんなのであろうか?お金を大量投資してコンシェルジュを雇うことだろうか?ネットに登録してじっと我慢することだろうか?

 

お見合いパーティーに毎週参加することなのだろうか?

 

50代で結婚相手を探そうという人は大きく2つに分かれている。そのなかでも圧倒的に多いのが「離婚」である。

 

50代,シニア,婚活,始め方,選び方

【結婚はしてみないとわからない!】

 

 

その他は死別や未婚のままというデーターもあるが、日本はもはや離婚大国であり、2014現在カップルの約1/3が離婚に至っている。

 

その理由も多々あり、女性の自立やネットの普及、社会情勢による理由はいくつでもあげられる。

 

 

 

そして、ここに結婚相談所やお見合いパーティーと言った市場でのニーズと50代がマッチングしない大きな原因があげられる。

 

多くの男女は結婚相手に臨むものに@経済力A容姿のどちらかを上げるのであるが、実はすでに既成の事実として「初婚」であるという暗黙の了解が含まれている。

 

だから、やみくもに大手に登録してみても「結婚歴」があった場合、ほぼ確実に「データー」からはじかれて、自分の名前が相手に表示されることなどはないのである。

 

これが大手を含むネット系の厳しい現実であり、クリック一つで何万というデーターの中から相手を絞り込める現在は、上位10名ぐらいに表示された人以外「いないこと」になってしまうのである。

 

離婚率が高い欧米では再婚に対してどのような認識を持っているのか?

では実際に50代で効率的に結婚相手を探していく方法はあるのだろうか?世間と違った裏の道が残されているのだろうか?答えは予想通り、限りなくNOに近い。そんな変な道があったらとっくに世間の注目を浴びている。

 

しかし、このNOをある程度まで覆すことは可能だと思う。

 

そしてそのヒントはすでに離婚大国、再婚大国のアメリカ・ヨーロッパなどに多く散らばっているのである。

 

50代,シニア,婚活,始め方,選び方

 

世界一とも言われる国は70%とも言われるほど離婚が高い。これは法的な問題もあるが、離婚なんて「付き合った人と別れる」感覚だよ!と思っている人が多いことを示している。

50代で婚活を成功させるには感覚の違いを知るべきである

結論から言ってしまうと、この「感覚の違い」「経験の違い」が40代までと50代までに大きな違いを生んでいる。だから50代の正しい婚活方法とは「同じような経験者」が集まる場を探すことに他ならない。

 

答えはいつでも決まってシンプルであるが、「「共感性」というものが生まれない市場において成功というのはほとんどない。

 

 

以上のような結論に基づき、50代の婚活の場を数百あるサイトの中からマーケットリサーチャーの視点で絞り込んでみる。

 

 

テーマとしては「同じような経験者」が多く、「共感性」をもって相手を迎え入れられ、なおかつ、海外的な視点ももちうる独立性の高い人が集まる場所がふさわしいということになるが、まずは限りなくリスクが低く、成功時のリターンが期待できる欧米系のサイトを紹介したい。

 

ここはシニアの婚活・職人の結婚などを斡旋。また国際結婚も奨励している優良なサイト。例えばマッチコム。

 

50代,シニア,婚活,始め方,選び方

【 中高年の婚活サイトベストランキングに常時入る! 】

 

その市場規模は1500万人と圧倒的に大きい。日本の国内サイトがあまりほとんどシニア向けに作られていないのに対し、さすが離婚大国NO1のアメリカが作ったサイトだけあり、出会いにかなり科学的なメカニズムを取り入れている。

 

チーフサイエンスアドバイザーのヘレン・フィッシャー博士は、「出会いにはタイミング、経済レベル、外見、ライフスタイルなどに加えて、生物学的な相性も重要」と語り、“恋愛科学”に基づいて異性を紹介する新サービスの優位点とする点を強調。

 

冒険型と交渉型・建築型など自分との相性を科学的に分析してくれる。

 

 

一度でもお見合いパーティーに興味をもち、50代向けの婚活パーティーなどを探した人は分かると思うが、3000万人の労働人口が集まる東京でさえ、50代のパーティーイベントの参加率というのはかなり低い。

 

まして地方ならなおさらで、婚活会場に50代の男女が集まっている場面など想像できない人がほとんどではないだろうか?

最後に結論として出た婚活サイトをまとめておいた。

大手で言えばエクシオ・シャンクレール・東京夢企画などが開催しているが、週末にちょっとやる程度、ほとんどが20代〜30代向けであることに気付くはず!!

 

 

パーティー業者の構造的にも人数が多い20代〜30代までを回しておいて、男性から料金を取り上げるというビジネスの方がもうかるのが実情であり、例え参加してもいい結果がそんなに期待できないと思う(もちろん運のいい人もいるので、少なくともここの攻略法を読んでから参加して欲しい)

 

それよりも先にSNSなどで40代・50代の良質な会員を囲っておいて、そこに来ている人を参加させているパーティーイベントの方が良質なものになっている。

 

そしてここで大切なのは50代の結婚相手として候補にあがる40代〜50代の会員数である。これは結婚相談所で「年代別登録」があるOR「SNS+パーティー」が一緒になったことろが良いだろう。

 

このまま、未婚化・高齢化が続けば、パーティー会社やイベント会社が市場として50代の婚活を見てくれるので、集客に力をいれると思うが、現在おすすめできるのは下記の場所となっている。

 

オススメ婚活全一覧徹底比較

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚紹介・結婚相談へ
にほんブログ村


 
ホームへ戻る ベストランキング 婚活口コミ掲示板へ